本文へスキップ

睡眠剤 飲まない方が良い

睡眠剤って飲まない方が良い?薬は最終手段か?

危険な薬

日常生活に支障が出るほど不眠が酷くなると、どうしても薬物療法を行わざるを得なくなる日がきます。

薬局には市販薬としてアレルギーに使う抗ヒスタミン薬などの副作用を使ったエスエス製薬のドリエルというお薬がございます。

この薬は、長期間使えないので、本当に症状が酷い方は、心療内科や精神科で、ロプヒノール、ハルシオン、アモバンなど各種の入眠剤を処方していただくことになります。
他にソラナックスや、デパスと言った筋肉を緩めるお薬も良く処方されます。

でも、あなたは、本当にお薬を必要とされるほど不眠は酷いのですか。何故、こういう事を申し上げるのかと言いますと、睡眠剤は確かによく眠れる薬です。
これを使うと、高確率で深く眠れるのですが、その分薬なしの睡眠に「薬を飲んでいた時には、楽だったのに」という考えが生まれてきてしまうことがございます。

他には「薬が無いと眠れない」という思い込みで、さらに眠れなくなってしまう可能性があります。特にデパスは精神的な依存が起きやすいことが知られています。

因みに、依存率が高い職業は何だと思いますか。

実は精神科、心療内科の医師当人なのです。生活リズムが不規則なので、薬を意外と安易に使っていたりします。

「肩こりに良いんだよ」と語りながら、自分の処方箋を書いている医師もいるぐらいです。
「いざとなったら」の伝家の宝刀は最後の手段。薬があると知っているだけでも安心する方が多いので、お守り代わりにする医師もおいでです。

不眠になったら薬よりも効果があるのは?

男性の足

不眠になったら薬よりも効果があるものは何でしょうか?
そんなのあるはずありません。
やはり睡眠薬が一番効果があるでしょう。

しかし、薬は所詮薬。
薬は毒です。

決して薬は身体に良いものではありません。
どうしょうもないときに仕方がなく利用するのが薬です。
大切なことなのでもう一度いいます。
薬は最終手段です。

では、なかなか眠ることができない人はどうすれば良いでしょうか?

いろいろな方法がありますが、わたしのおすすめは布団です。
特に敷布団は大切です。

敷布団を変えることで眠れない人がぐっすりと眠れるようになった話はたくさんあります。

おすすめの敷布団は、雲のやすらぎという敷布団です。
マットレスのような敷布団です。
厚みが17cmもある敷布団で、もっちりとした感じの敷布団です。
かなり分厚い敷布団なので、底付き感などまったくありません。
最高の寝心地なので、腰痛で眠れない人も、この敷布団に変えることで眠れるようになった人も少なくなく飛ぶように売れているそうです。

興味のある人は、雲のやすらぎの口コミサイトやレビューサイトをみてみると良いでしょう。

では、ゆっくりとお休み下さい。

参考サイト:http://xn--x8jva6d8d0a5788b289acd4e.biz/kutikomi.html