本文へスキップ

寝られないと死ぬ

人間は寝られないと死ぬのか?

眠れない人

実は、私もあまり眠れないことがあるのです。

というよりも、ずっと不眠に悩み続け、心療内科で薬をもらったりしています。

うちのドクターは、日本でも珍しい療法を導入した方で、比較的有名な医師なのです。

そんな彼に寝られないと思いつめた顔で言うと、こんな答えが返ってきます。

「大丈夫。不眠で死ぬ前に倒れるから」この脈絡だけ見るととんだ医師ですが確かに、1日2日休めなくとも、体がきついだけで、死ぬ事はありません。
無理に眠ろうとしてしまうと体は緊張しますので、余計に寝られなくなってしまいます。

通常、横になっているだけで体は休まりますが、不安や心配があると、心がぐるぐるしてきてしまいます。
そういう時は、何か別のことをして時間を過ごすことが大事だと言われています。

でも、何をしたら、良いか分かりませんよね。いくつかできることをご紹介しましょう。
まずは空の様子を観察する。
横になった状態で、月の動きなどを観察するのです。

皆様、朝になるときの空の色を見たことがありますか。濃紺のとばりが、徐々に色を薄くして、朝焼けになる光景は美しいものです。

次に体のお手入れ。普段は時間が無くてできないパックや、マッサージをここぞとばかりに行うのです。

また、無沙汰をしている相手に手紙を書く、英単語を覚える等の過ごし方もあります。
そして、最後は、次の日の準備、次の日、何を着ていくか、お昼を何にするかなどを考えながら、服や書類を用意するのです。
朝、準備ができているだけでも、心の荷物は少し減りますよ。